大切なペットを皮膚病から守る方法を知ろう【簡単に解説】

犬にしつけを学ばせる

犬

トイレのルールを教える

ペットとして人気の高い犬は人間と共同の生活を送るために、犬のしつけをすることが必要になります。犬のしつけを始めるタイミングとしては、犬をペットとして迎え入れた当日から始めることが大切で、時間をかけて色々なことを教えていきます。最近では犬のしつけを専門に行ってくれる業者があるため、上手に犬のしつけを教える事ができない人は利用しましょう。犬のしつけで教えておきたいのはトイレのルールで、どこの場所で排泄をするのかを根気よく学ばせます。室内で犬を飼っている場合には犬用のトレイ販売しているため、そういったペット用品を使いましょう。トイレのルールを学ばせるのに最も重要なのは、犬をトイレに連れて行くタイミングで、子犬は溜めておける量が少ないため、早めにトイレに連れて行きます。犬のしつけではアイコンタクトを教えると色々な事に役立ち、犬に注目してもらえるためルールを覚えさせる効果が高まります。アイコンタクトはしっかり目を見なくても問題はなく、初めのうちは呼びかけに対して犬がこちらに興味を持つ程度で十分です。アイコンタクトを繰り返すことで、犬は自然に飼主の考えている事を察することができる様になります。トイレのルールとアイコンタクトを学ばせたら、次は犬を呼び戻すしつけを教えましょう。名前を呼ばれたら、すぐに飼主のもとへ戻ってくるルールを学ばせる事によって、いざという時に犬を呼び戻すことができ愛犬を守れます。